LADYISM

書く練習

いいカッコしい

ブログを書くとき、人から見られていることを感じて意識してしまって、それなりのものを書き上げたくなってしまいカッコつけてしまうので、スケジュールや気付きなどをノートに書いている。

 

何かに気付いて、そこから考える習慣がないので結果独りよがりになってしまいダサい。

別に人はいいんだけど、自分がずっとそうだと嫌だな。

私はカッコつけしいだから、ダサいのは嫌いだ。

理知的な人間になるにはどうしたらいいだろうか。

色んな人に助けられてる

昨日から気分が落ち込んでいるのだけど、

一緒に頑張ってくれる人が増えてきてとても嬉しいです。

 

1人でやるより心持ちが穏やかで、キャパシティオーバーしていないなという実感があります。

今日しっかり休んでまた明日しっかり生きよう。

宇多田ヒカル先生が、人生はイメージにすぎなくて、あるのは今日の過ごし方なんだって。

ほんとにそう思う。

仕事初め

明けましておめでとうございます。

 

いよいよ明日から仕事初めなのですが、なんかもう仕事したい!!!笑

というわけでフライングして、今日少しやってしまいました。

 

人の仕事だと死ぬほどやりたくないんですが、自分の仕事となると、やればやるだけ自分の為になるので(逆に言えば、やらないと勿体ない)、休息は勿論必要なのですが、ちょっとダラけすぎてしまった-_-

 

正月恐ろしや。

でも楽しかった。

正月は寝るに限りますね。

 

今年もやることがいっぱいなので、今までより効率を意識して仕事に取り組みたいです。

だらだら仕事しない。

一緒に働く人

自分たちで一緒に働く人を決めるのは、相手にとっても自分にとっても大切なことだから真剣になる。

 

大概は最初の話した感じや表情で分かるし、大人になるとみんなあまり自分を良く見せようとか気張らないし、自分に何ができるか把握している人が多いので、色んな意味で汲み取りやすいのだけど。

自分が何をしたいか何が得意かを知っている人は強い。

 

人選にあたって、こんな経験は滅多にできない経験だと実感する。

 

自分の人生は、自分の大好きな人でいっぱいにしたい。

 

ポジティブになるためにやってる

友達のバンドマンがライブの時にMCで言ってたことが印象に残っている。

 

どうにかして自分の幸せを見つけようと頑張る、その努力はとても美しいしカッコいい。

 

そしてその努力は自分のためだけではなくて、絶対に誰かの幸せに繋がっている。

 

せっかく1日1日命を削っているのだから、まず自分の幸せ、その次にその自分の幸せが自分の大切な人を幸せにできることを信じて、生きる。

パーソナルスペース

人間には他人に入って来て欲しくない距離感があって、どんなに仲の良い人でも、ずっと一緒にいるとイライラしてしまったり、ずっと姿が見えたりそばにいると落ち着かないってことが結構あると思う。

 

私はありがたいことに、家族にはパーソナルスペースを侵されても嫌ではない。なかには家族でも気を使ってしまう人もいると思う。

パートナーも然りで、そういう人に出会えたのは本当に運が良かったと感じる。

 

毎日の電車だってキツい。知らない人と無言で肩を並べるのだから。

 

パーソナルな部分を侵されると、人の目は死んでいく。

 

パーソナルスペースってナワバリみたいなものじゃないかな、ナワバリを守るために目にキラキラ野性味が溢れる。

恐怖心からのナワバリ意識ではなく、『この気持ちは譲れないよ』とか『誰がなんと言おうと私はこう生きるんだ』とか。

そういう人は目が輝いている。

みんな今すごく疲れているし、なかなか心にパーソナルスペースを確保できなくて、迎合してしまうのだと思う。

 

目が輝いている人って、他人からの心の中への侵略に打ち勝てている人じゃないかな。

そういう人が偉いとか、勝ちだとかは思わないけど。